ポートフォリオサイトの公開のための
VPSとドメイン

作成のポイント

ポートフォリオサイトを作るときの大切にしたいこと

レスポンシブ対応

パソコンとスマートフォンのどちらでも見栄えよく見れるレイアウトにしましょう。

ドメインの取得

サイトのURLは自分独自のURLにするためにドメインを取得しましょう。

サイトの公開

作ったサイトは公開することで、就職・転職活動で見てもらえるようにしましょう。

ポートフォリオサイトの作成の流れ

ポートフォリオサイトを作る大きな流れを理解しよう

  • ステップ1

    ステップ1

    サイト作成の目的の明確化

    ポートフォリオサイトを作る目的は何でしょうか。 就職・転職のためのアピールなのか、自分の学習ようなのか。 まずは、その点を明確にしましょう。

  • ステップ2

    ステップ2

    サイトの作成

    どのようなポートフォリオサイトにするか決まったら、 実際にポートフォリオサイトをHTMLとCSSを使って作っていきましょう。

  • ステップ3

    ステップ3

    ドメインの取得

    ポートフォリオサイトを自分のパソコンで作ったら、 公開するための準備として、ドメインを取得しましょう。

  • ステップ4

    ステップ4

    サイトの公開

    ポートフォリオサイトを作ったら、せっかくなので公開しましょう。 サイトの公開は、VPSを使ってやってみましょう。 そんな中でもConoHa VPSが1番使いやすいのでオススメします。

  • ポートフォリオ
    サイトの
    公開完了!

ドメインの取得方法

ポートフォリオを公開する中でVPSを使う時に、

自分のサイトのURLとなるドメインを取得することが最初の1歩。

自分なりのドメインを考えて、ドメインの取得をしましょう。

お名前.com

ドメインの取得は「お名前.com」でやりましょう。

ロリポップをチェック

VPSの選定

公開したポートフォリオサイトは、

転職サイトなどの自分のプロフィールの欄にサイトのURLを記載しておきましょう。

この3つのレンタルサーバがオススメです

ConoHa VPS

インターネット大手のGMOが管理運営しており、

コストや管理画面の使いやすさの点で、Conohaを使いましょう。

Conoha VPSをチェック

参考記事

VPSを使ったサイトの公開に関する参考記事を紹介

ポートフォリオのためのドメインをお名前.comで取得しよう

ポートフォリオを作る時に、 サイトのURLとして、 自分独自のURLを持つことは...

お名前.comとVPSの記事
ポートフォリオのためのConoha VPSを契約しよう

ポートフォリオをVPSで作る時に、 VPSを選ぶ際は、 大手のVPSで使用ユーザ...

お名前.comとVPSの記事
VPSへのドメインの設定方法

ポートフォリオを作る時に、 サイトのURLとして、 自分独自のURLを持つことは...

お名前.comとVPSの記事